鴫

鴫誌(令和3年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

あらたまの小流れ透けて細石
山ア靖子
燃え渋る根榾にうからやからかな
荒井和昭
復唱をしつつメモとる大晦日
田村園子
人間の幅の細道雪を掻く
田令子
冬蜘蛛の微動だにせぬ思案かな
加藤峰子
手毬唄手元狂はす恋ごころ
相良牧人
煤納本殿裏の一升瓶
荒木 甫
雪肌の女体めきたる富士の尾根
石田きよし
人恋ひし翳を持ちつつ根榾の火
成田美代
平穏な日のにほひして冬景色
山口ひろよ
火を埋む吾が手母の手希望の手
中山皓雪
枯山にラジオの声がやつて来た
箕輪カオル
白菜を抱きピエタの聖母めく
平野みち代
詩の一語書き留めおけり冬木の芽
甕 秀麿
大利根の先まで晴れて初筑波
宇都宮敦子
初風呂や髭剃る男百面相
山本無蓋
学童らに踏まるるを待つ霜柱
坂場章子
冬かもめみな太陽に向いて立つ
和田紀夫
師の句碑に日差し幾条淑気満つ
鎌田光恵
賀状書く新しき名は二・三ほど
原田達夫
かざすグラスに倒立のビル寒茜
松林依子
半日は無念無想の毛玉取り
田原陽子
沁みじみと鴫誌一月新表紙
数長藤代
風に吊り星につるして凍豆腐
笠井敦子
要するに有るを七種おらが春
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved