鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

尾根目指す押されるやうな雉の声
山ア靖子
天鵞絨の袋に埃諸子竿
荒井和昭
大切なものから失くす牡丹の芽
田村園子
春の富士小さく望む非常口
田令子
たんぽぽの思春期空へ空へ向く
加藤峰子
遠巻きに視線の先の花衣
相良牧人
紫木蓮割れて肌の色増やす
荒木 甫
大橋は飛翔のかたち沼は春
石田きよし
風絡み日のからみをり花木五倍子
成田美代
列なりて渦潮大橋潜る刻
山口ひろよ
春耕や畝ごと違ふ土の声
中山皓雪
その下にギター聴きをり花の雲
箕輪カオル
山笑ふ金の成る木のこぼれ咲き
平野みち代
春分や静電気くんさやうなら
甕 秀麿
霾や鋭くなりし山羊の角
宇都宮敦子
なに着たらよいかと迷ふ四月来る
山本無蓋
腰かけるのみ夕暮の半仙戯
坂場章子
鶯の声聞きたくて坂上る
田原陽子
清明や印まつすぐに提出書
数長藤代
芽接ぎせし野田藤の芽の逞しき
原田達夫
佐保姫のいきなり踵返しけり
笠井敦子
行けぬ日の朝東風半分透き通る
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved