鴫

鴫誌(平成31年3月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

守るもの体ひとつとなり霜夜
山ア靖子
竹馬の一歩なかなか踏み出せず
荒井和昭
木道を遠巻きにして散る紅葉
田村園子
頻りなる落葉掃く人笑まひをり
田令子
わくわくと未来を摑む赤手套
加藤峰子
脳内に釣り糸垂らす小六月
相良牧人
山茶花や負け碁の一手指摘さる
荒木 甫
国宝と吾を隔てる瑠璃小春
石田きよし
木の洞のわずかな湿り笹子鳴く
成田美代
混沌の世を天真の冬ざくら
山口ひろよ
不揃ひな椅子不揃ひな室の花
中山皓雪
流し目に嘶くポニー冬うらら
箕輪カオル
着ぶくれて嬰と乗り合ふエレベーター
平野みち代
着ぶくれて早口言葉ままならず
甕 秀麿
船見ゆる坂の賑はひ蒸饅頭
宇都宮敦子
ふつふつと薄めの出汁に大根入れ
山本無蓋
山茶花や身を入れて聴く立ち話
坂場章子
仄かなる思慕にも似たり花八手
田原陽子
街師走持病はいつもだしぬけに
数長藤代
冬ざれやふつくり熟るる山茱萸の実
原田達夫
喪中はがき一号届く暮早し
笠井敦子
石蕗咲きぬ兄嫂も無き生家
田部井幸枝
オペ室のもわんと白し冬の音
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved