鴫

鴫誌(令和3年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

面白の別れ束の間秋海棠
山ア靖子
思うても見しやんせ富士の初冠雪
荒井和昭
爽やかや橋に始まる遊歩道
田村園子
キャンパスの道真つ直ぐに鰯雲
田令子
密集をつまみて均す黒葡萄
加藤峰子
星座にもソーシャルディスタンス野分後
相良牧人
秋霖や付箋ほどこし師の句集
荒木 甫
やなぎ腰きりりと曲げて秋茄子
石田きよし
木道のいづこも平ら草の花
成田美代
朝顔の村社の磴の品評会
山口ひろよ
幸せはひと尋で良し萩くくる
中山皓雪
青すぢの後なる真つ赤烏瓜
箕輪カオル
新米や富士の形の握り飯
平野みち代
径に沿ふ早瀬より生る秋気かな
甕 秀麿
握る手を蹴るよ蝗だか飛蝗だか
宇都宮敦子
部屋中に茸の匂ひ山の民
山本無蓋
太極拳らしき人影朝の霧
坂場章子
差し潮の届くあたりの蘆の花
和田紀夫
抜菜してとほくに電車見え隠れ
鎌田光恵
防疫のマスクゆるめる花野中
田原陽子
競技場の水に鶺鴒一番
数長藤代
「初鴨が来ました」の札谷津干潟
原田達夫
好奇心褪せ色深めゆく秋さうび
笠井敦子
来る年や旨し西瓜の種を干す
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved