鴫

鴫誌(令和3年7月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

門柱にからまる芽吹き真くれなゐ
山ア靖子
手漉き紙抱へて柳くぐりけり
荒井和昭
膝上の画集重たし花の昼
田村園子
蘩蔞を伸び放題に退職す
田令子
春昼のテイクアウトの列にゐて
相良牧人
閼伽桶に手をそへるかに雪柳
荒木 甫
拳ひらきあやしへ誘ふ紫木蓮
石田きよし
大空へ舞ふも落ちゆく花のいろ
成田美代
お目見得の仔猫ピンクの鼻と耳
山口ひろよ
行きも帰りも白頭翁に歩み寄る
中山皓雪
水叩く春の噴水やはらかし
箕輪カオル
騙し絵に遊ばれてゐる日永かな
平野みち代
楼蘭に埋もれし民ら黄砂来る
甕 秀麿
雪形の法螺貝響け蒼天に
宇都宮敦子
風吹かば風の足跡麦青む
山本無蓋
踏みしめて上る古道や竹の秋
坂場章子
的を得ぬいつもの答鳥曇
和田紀夫
花盛り樹脂の固まる古木かな
鎌田光恵
田植前田圃それぞれ違ふ色
原田達夫
桜咲くたび散るたびに母のこと
松林依子
天上の母に問ひつつ蕨煮る
田原陽子
桜まつり中止のさくら日参す
数長藤代
花冷えの中をコロナの広報車
笠井敦子
根付かぬも咲きゐる風のゼラニューム
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved