鴫

鴫誌(令和2年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

再開や紫蘭の風は変はらずに
山ア靖子
べら釣りを師と競ひたる荒磯かな
荒井和昭
立葵咲き継ぐ序列あやまたず
田村園子
梅雨間近朝の青空白つぽし
田令子
嬶ふたり青梅ひろふ草に這ふ
加藤峰子
何も彼も明日の読めない夏来る
相良牧人
葭切の鳴きつぐ沼となりにけり
荒木 甫
それぞれに訳あり曲る胡瓜かな
石田きよし
鳩の声若葉混み合ふあのあたり
成田美代
風の沼なんじやもんじやの花くしやくしや
山口ひろよ
麦車を越したし越せぬ路線バス
中山皓雪
フランス語教室の家花ユッカ
箕輪カオル
大賀蓮いくたび疫禍見て来しや
平野みち代
一山の見えざる狼煙栗の花
甕 秀麿
卯の花腐し煮魚に山椒の香
宇都宮敦子
梅雨と書きその後続かぬ日記帳
山本無蓋
軽鳧の子の小走つて水脈一丁前
坂場章子
共生を強ひてウイルス椎の花
和田紀夫
玉葱を玉ねぎに結ひ枝に干せり
鎌田光恵
メロン割る未だ嗅覚の残りをり
田原陽子
六月へやうやう直る棟瓦
数長藤代
路傍に置かるたかんなと銭箱と
原田達夫
今日も又声よくとほる四十雀
笠井敦子
びつしりと十薬朝の静もりに
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved