鴫

鴫誌(平成30年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

風五月散策圈に道の駅
山ア靖子
地蔵前てふバス停の蛙の子
荒井和昭
生くるものをるかと覗く春の川
田村園子
農場の桜並木の通り抜け
田令子
やぶ睨みして緋桃の里に踏み入りぬ
加藤峰子
春燈やルーペの捉ふ一行詩
相良牧人
人の世に生まれてしまうた菫かな
荒木 甫
ほなここにお座りなはれ花筵
石田きよし
抜け道は寺多き街花吹雪
成田美代
花がため一と日を空くる予定表
山口ひろよ
蛇穴を出づ一致せぬ意見持ち
中山皓雪
湖見えてこひのぼり見ゆポプラ並み
箕輪カオル
看板の水原弘島うらら
平野みち代
黄砂降る行きより早き帰国便
甕 秀麿
犬ふぐりに坐すや青空少し敷く
宇都宮敦子
春耕の土黒々と均されて
山本無蓋
ふらここのどちらもポニーテール揺れ
坂場章子
ペダル踏む急がねば散る花堤
田原陽子
散る花の迷うてきたる句碑の裏
数長藤代
辛夷咲く垣内へ迫るブルドーザー
原田達夫
人の目に汚れぬうちの朝桜
笠井敦子
一の井川白ことさらの山吹野
田部井幸枝
悪戯の中に眞実卒業す
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved