鴫

鴫誌(平成29年11月号)より

選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

ちちはは無き低きぬれ縁くつわむし
中江月鈴子
口腔の渇きに目覚む原爆忌
山ア靖子
森の上の別れ鴉の騒ぎかな
荒井和昭
山車を曳く稚児一斉に水飲めり
田村園子
夕まぢか虹の真下を通りゆく
田令子
暁のかなかな聴きに行つたきり
加藤峰子
気散じの万歩を超えし稲田径
相良牧人
色さらに恩寵のごと百日紅
荒木 甫
もうすぐに滝となる水知らぬふり
石田きよし
蓑虫の吹かれ上手といふ矜持
成田美代
納涼床てんやわんやよ不意の雨
山口ひろよ
橋桁に合掌の波八月来
中山皓雪
エンジンを優しく使ふ蓮見舟
箕輪カオル
銀河濃し日本列島震へ癖
平野みち代
夕星の百は数へり稲の花
甕 秀麿
観音の千の手の影広島忌
宇都宮敦子
万緑や恵比寿を祀る沖小島
山本無蓋
朝顔や普通のことの出来る幸
田原陽子
ひろひろと水面膨るる川花火
数長藤代
熊ン蟬しゆあしゆあしゆあとしやつと尿
原田達夫
泡雪羹固まるまでの草むしり
笠井敦子
朝顔の明るきブルー誕生日
田部井幸枝
炎天下出会ひ頭を笑ひ出す
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved