鴫

鴫誌(令和2年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

初句会術後の笑みをまのあたり
山ア靖子
目鼻立ち確とせぬなり座り雛
荒井和昭
温もりと膨らみ残る手套かな
田村園子
囀の不意に間近し植樹帯
田令子
春雪の富士撮るだけに上がる橋
加藤峰子
くまモンと並び売らるる晩白柚
相良牧人
春遅々と赤鉛筆の芯円錐
荒木 甫
佐保姫と西郷像の逢瀬かな
石田きよし
朝日いま彩を豊かに斑雪山
成田美代
冬雲の重きを怺へ日本海
山口ひろよ
独楽まはす人の老いゆく土地も老ゆ
中山皓雪
雨の綺羅とどめて谷戸の梅真白
箕輪カオル
耳聡し大寒の朝動き出す
平野みち代
ホームへとマスクがマスク押し出しぬ
甕 秀麿
獅子舞に噛まるる番の廻り来し
宇都宮敦子
春浅し生家はすでに駐車場
山本無蓋
目を伏せるかに傾けり水仙花
坂場章子
古本に昭和のレシートうちらけし
和田紀夫
節榑の指や煮豆の湯気立てて
鎌田光恵
病む人と仰ぐ花芽のほんのりと
田原陽子
花を待たず一本桜の伐られけり
数長藤代
風花や果樹園からの鋏音
原田達夫
気散じのついでに探す蕗のたう
笠井敦子
勤務先農協と決む初苺
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved