鴫

鴫誌(平成30年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

木をゆすり冬至の柚子を落としけり
中江月鈴子
池の底どこより透けて鴨を待つ
山ア靖子
新藁の香に充ちみちて農具小屋
荒井和昭
俯瞰する花野フォークに巻くパスタ
田村園子
秋雨やジャズの流るるうどん店
田令子
ハーブ園ま青な秋を篭に摘む
加藤峰子
畏まることなくなりし秋扇
相良牧人
階段の下を朝からぶんぶん虫
荒木 甫
虫の鳴く右岸しんとし左岸かな
石田きよし
呟きの如き音たて水澄めり
成田美代
野薊の紅を極めて淋しがる
山口ひろよ
日本海の島影杳と稲架の道
中山皓雪
すすき原雲湧くやうに銀に
箕輪カオル
巻末の綴込み地図や秋高し
平野みち代
太古よりシェルター育ち鬼胡桃
甕 秀麿
水を出て微光引きたる秋の蛇
宇都宮敦子
綱引きの均衡崩す放屁かな
山本無蓋
秋草を供花にせむとて裾濡らす
田原陽子
杷に来し待ちまつ封書九月尽
数長藤代
このあたり元は新田狐花
原田達夫
人間の頭が歩む芒原
笠井敦子
ルーキーの発声見事虫時雨
田部井幸枝
風にほふ刈田の奥の刈田より
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved