鴫

鴫誌(令和3年6月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

指呼の辺に青鷺の佇つ西行忌
山ア靖子
公魚や夕日満帆漁舟
荒井和昭
林道を突つ切る雉の胸の反り
田村園子
鳥帰る空は薄青退職日
田令子
ホップステップ河津桜の天涯に
加藤峰子
満腔のビニールハウス春の息
相良牧人
佐保姫の雨戸に手掛けうづくまる
荒木 甫
囀の止まぬ一樹の暮れのこる
石田きよし
点描の芽吹の山へ踏み入らむ
成田美代
参拝は鰻重の後梅の寺
山口ひろよ
青き踏む足の加齢を脱ぎて踏む
中山皓雪
すし桶の白木の香り雛の宴
箕輪カオル
船笛の余韻あまねし鳥帰る
平野みち代
鉛筆を削れば木の香春待つ子
甕 秀麿
樺一本足して華やぐ春暖炉
宇都宮敦子
空襲と津波の記憶三月来
山本無蓋
耕人は今朝犬連れで会ひし人
坂場章子
畑打の鍬刃に当たる土器の片
和田紀夫
風乗せてふらここの旅雲ひとつ
鎌田光恵
隣街なれど異な街亀の鳴く
原田達夫
春江の風に洗はるやつちや場跡
松林依子
ひと恋し今朝もほんのり春の紅
田原陽子
離れ住む子の助手席に風ひかる
数長藤代
囀りのこぼるる中の土いぢり
笠井敦子
朝を咲く身の丈ニセンチの薺
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved