鴫

鴫誌(令和元年11月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

いちまいの葉書にちから雲の峰
山ア靖子
水舐めて塩烏賊を干す日差しかな
荒井和昭
身を棙るみみず真昼のアスファルト
田村園子
秋めくや活字小さき紀行文
田令子
サッカー児の伸びしろ無限いわし雲
加藤峰子
今朝秋の太平洋上渦三つ
相良牧人
朝顔が一つ咲いたよありがたう
荒木 甫
立ちつくす敗戦投手秋夕焼
石田きよし
夏草の底に流るる水の音
成田美代
高原の風音奏づ扇風機
山口ひろよ
点滴のすれ違ふ廊秋暑し
中山皓雪
噴水の一歩も引かぬ威勢かな
箕輪カオル
風入るる書斎の夫の旅鞄
平野みち代
自販機より富士山の水広島忌
甕 秀麿
禅寺の真昼涼しき深廂
宇都宮敦子
酒好きの家系の端に酌む冷酒
山本無蓋
葉の裏に今ばらけんとする毛虫
坂場章子
八月や身のひとところ疼き出す
田原陽子
糸月に色川風に待つ花火
数長藤代
あをじろきものあかつきに蟬になり
原田達夫
質店の名残の土蔵晩夏光
笠井敦子
生まれ日が山の日となり遠くをり
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved