鴫

鴫誌(令和4年12月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

痛みもて花野の露にぬれゐたり
山ア靖子
鯔跳ぬる一期の夢の覚むるとき
荒井和昭
螺子回し効かぬねぢ釘秋暑し
田村園子
山の気の満ちて九月の通り雨
田令子
鶏頭花カキクケ喝と咲きにけり
荒木 甫
遠富士や一羽の鳥の描く素秋
石田きよし
水音の花野の幅をつかひきり
成田美代
空けなる身をば貫き揚花火
山口ひろよ
柿の空だけが賑はふ過疎の村
中山皓雪
武家屋敷昼深閑と白芙蓉
箕輪カオル
向日葵の芯の焦げ色敗戦忌
平野みち代
昭和が流る九月の歌をシナトラが
甕 秀麿
秋風に声を飛ばされ鬼ごつこ
宇都宮敦子
つくつくし告げたきことの尽きぬやう
坂場章子
中折帽の折れを深くし夏終る
和田紀夫
蒲の絮ほぐれ窪地を流離へり
鎌田光恵
日は軽し雲重くあり処暑の街
原田達夫
医療機具身内にふたつ生身魂
松林依子
古時計小さな秋を告げにけり
山内洋光
梨街道コンベアの梨ゆるゆると
奥井あき
あさがほの白のいたはし朝の雨
数長藤代
歌ふこといつしか忘る秋の蟬
笠井敦子
秋風の叩く雨戸に起こさるる
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved