鴫

鴫誌(令和元年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

病み抜けるかな土砂降りのあとの虹
山ア靖子
ほどほどの切株に座す青葉かな
荒井和昭
梔子や夜となりゆく空の色
田村園子
向日葵続く五丁目を巡るバス
田令子
ビニールに覆はる梅雨の道真公
加藤峰子
朝顔の西洋かぶればかりなり
相良牧人
脚や翅青一本のばったの子
荒木 甫
序盤から息子の新手夏旺ん
石田きよし
荒梅雨の流れ留める川のいろ
成田美代
潔く刈られてをりぬ梅雨の薔薇
山口ひろよ
投票に入れる人無し金魚玉
中山皓雪
乳銀杏のゆたかな気根蟻登る
箕輪カオル
螢見の椿山荘の坂に転け
平野みち代
神木の下にわらわら梅雨茸
甕 秀麿
石庭に一木もなき涼しさよ
宇都宮敦子
梅雨明けの日のさんざめく川面かな
山本無蓋
相槌の一拍遅る冷奴
坂場章子
朝顔の紫紺に托す余生かな
田原陽子
借り傘の骨の歪みもみどりの夜
数長藤代
片陰をはみ出してゐる身半分
原田達夫
今世の最終章の梅仕事
笠井敦子
明け易し夢消へぬ間の走り書き
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved