鴫

鴫誌(令和2年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

白樺林吹雪うづなす年の暮
山ア靖子
天狼のあかり頼りの集ひかな
荒井和昭
煮凝りやをとこの返事変化球
田村園子
雪原は白く大きな海原に
田令子
大海より吊り上げてゐる初日の出
加藤峰子
元朝の機嫌良き空仰ぎ見る
相良牧人
除夜の鐘耳垢掃除済ましかね
荒木 甫
初御空いよよ近づく八十路坂
石田きよし
待春の闇のきはみの樹々の声
成田美代
薄長き箱水仙の届け物
山口ひろよ
淑気満つ古代地層のチバニアン
中山皓雪
先づは尊徳像にあふ探梅行
箕輪カオル
冬木の芽子授け洞に人の列
平野みち代
手帳開き都合貸し借り年の暮
甕 秀麿
初漁や崖の祠に灯を献じ
宇都宮敦子
一羽来てまた一羽来る寒雀
山本無蓋
明けきらぬ街に犬引き水つ洟
坂場章子
去年今年あつけらかんと人流れ
和田紀夫
伊勢海老漁はだか電球あまた付け
鎌田光恵
元朝や患者同志の礼深し
田原陽子
金星へ向かつて帰る冬ぬくし
数長藤代
極月や目には目をの目すれ違ふ
原田達夫
白粥に枸杞の実散らす寒の入
笠井敦子
当然を詫びつ初日をおろがみぬ
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved