鴫

鴫誌(令和2年2月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

不可能を可能に逢へり霧の駅
山ア靖子
蘆の炎のほむら縁取る油煙かな
荒井和昭
蝶番きしむ本箱火恋し
田村園子
十一月雲ひとつなき金曜日
田令子
蟷螂の慕情の色に枯れにけり
加藤峰子
鰭酒の鰭持込みし男かな
相良牧人
一粒がひとつ呟く炒り零余子
荒木 甫
秋行くや亭主も逝つてくれしてふ
石田きよし
松籟や極まる秋の波の音
成田美代
秋さやか霊水を吐く龍の口
山口ひろよ
子と親とそのまた親と七五三
中山皓雪
薬局の白きテーブルポインセチア
箕輪カオル
柿を剝く蔕といふ字の疎覚え
平野みち代
銭湯の煙突都心に冬に入る
甕 秀麿
鮞に飯をよごして昼の酒
宇都宮敦子
けふのみのバイトの巫女や七五三
山本無蓋
包丁を持参の芋煮会準備
坂場章子
布巾二枚まつ新にして冬に入る
田原陽子
燈火親し生ある限り万年筆
数長藤代
「魁夷の青」斑に秋のプラタナス
原田達夫
笹子来てより秒針の進み癖
笠井敦子
秋澄むや音立つカステラのざらめ
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved