鴫

鴫誌(令和元年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

二月来る水は明るさのせてくる
山ア靖子
田の神の降りし駅舎の雪ねぶり
荒井和昭
白鳥の群像劇をまのあたり
田村園子
春の雪霧笛真近く響きけり
田令子
師の句碑の視野にたゆたふ春の鴨
加藤峰子
立春や傘寿に一つ歳加ふ
相良牧人
枯欅沼風渡る葛飾野
荒木 甫
暮るる庭灯すふたつの木守柚子
石田きよし
雪折れの樹にナンバーも寄生木も
成田美代
薄氷の人恋ふほどに重なりぬ
山口ひろよ
二月はや夢野へ友は旅立ちぬ
中山皓雪
ものの芽や長々坂の尖り山
箕輪カオル
寒禽の群れ翔つ羽音大欅
平野みち代
凍返る広報小さし北方領土の日
甕 秀麿
そこはかと獣のにほひ探梅行
宇都宮敦子
川床の雪解けの水の穿つ痕
山本無蓋
着膨れの色とりどりに太極拳
坂場章子
寒紅を選ぶ手の甲染め乍ら
田原陽子
初雪の湿りはつかに二月入
数長藤代
着膨れて小銭あつちにもこつちにも
原田達夫
吹き止みて冬三日月の鎌の切れ
笠井敦子
改めていい声笑顔春立つ日
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved