鴫

鴫誌(令和4年10月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

梅雨明けの起伏たのもし川堤
山ア靖子
大仰な名は祇園守槿かな
荒井和昭
跳ねながら艶の失せゆく蜥蜴の尾
田村園子
矢車草夜の明けゆく薄紫
田令子
茄子潰やいまはかの世のはなしなど
荒木 甫
通院や梅雨の明けたる無縁坂
石田きよし
滝壺の底に始まる水十色
成田美代
羽抜鶏振り向きざまに無頼の眼
山口ひろよ
オカリナのやうな雲から稲光
中山皓雪
かたつむり二泊三日の飼育箱
箕輪カオル
籐寝椅子父の凹みに綻びて
平野みち代
鬼灯より赤きマニキュアして売子
甕 秀麿
梅雨の雷金堂に置く赤バケツ
宇都宮敦子
息潜めをれば翡翠へ連写音
坂場章子
未だうまく飛べぬ子つばめ遠巻きに
和田紀夫
蛍見の橋の名仮名で彫られあり
鎌田光恵
朝焼けや九尺幅の窓に立つ
原田達夫
黒門市場ぬけて文楽夏公演
松林依子
夏燕地にすれすれの風を呼ぶ
山内洋光
形代の吾が名を風の来てめくる
奥井あき
夏足袋の弟子一号と励みけり
数長藤代
長物となりし一つに藺座布団
笠井敦子
打水の名残りの庭へ起き抜けに
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved