鴫

鴫誌(平成30年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

喉病みの癒えぬままなり初明り
山ア靖子
雪晴のパラレルシュプール交差せり
荒井和昭
さくさくとかの日へ戻る落葉道
田村園子
北行きの朝の列車に冬日差す
田令子
この寒さ一人芝居のやうに言ふ
加藤峰子
大独楽のひと笑ひして止りけり
相良牧人
観音の光背のごと初筑波
荒木 甫
旅せはし鳰と車窓の別れかな
石田きよし
露天湯の雪積む岩になほも雪
成田美代
腕時計卓に眠らせ薬喰
山口ひろよ
夫見舞ふだけの元日暮れにけり
中山皓雪
冬苺の寄り添うてゐる端山かな
箕輪カオル
ふろふきや言うて笑うて一人なり
平野みち代
火熾してよりの人類初明り
甕 秀麿
露凝るや龍太手製の竹箒
宇都宮敦子
熱燗や人と逢ふためはしごせり
山本無蓋
冬の日の巡りへ鉢の花移す
坂場章子
来る年へ幸疑はず絵松貼る
田原陽子
襖張り替へいますこし生くつもり
数長藤代
パンダ賑賑動物園の枯れすすむ
原田達夫
歳晩のラップの端が見つがらぬ
笠井敦子
数へ日の汚れを紙に指の腹
田部井幸枝
ももいろの石鹸のあわ大旦
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved