鴫

鴫誌(令和3年9月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

茅花流し肉声またも遠のけり
山ア靖子
曇天の熟れ極む梅落ちにけり
荒井和昭
隣家宛封書の届く走り梅雨
田村園子
新調の塵叩きなり梅雨間近
田令子
初版本神田に漁る薄暑かな
相良牧人
湧水の木橋浮橋青葉風
荒木 甫
百幹の仲間に入りし今年竹
石田きよし
揺らぎなくとりとめもなく栗の花
成田美代
暮つ方より香強めの雨後の薔薇
山口ひろよ
桐の花神代の恋の色をして
中山皓雪
病院の無料バス停山法師
箕輪カオル
旅鞄パカンと干して芙美子の忌
平野みち代
万緑やボタンを押すに指一本
甕 秀麿
十薬の花満ち満ちて屋敷神
宇都宮敦子
冬物を仕舞ひ損ねし梅雨曇り
山本無蓋
あめんぼの跳んで水輪のやや歪
坂場章子
納竿のときを逃せり糸蜻蛉
和田紀夫
玉葱の色白干さる駅の柵
鎌田光恵
どくだみの花しばし間に天狗面
原田達夫
天辺の棚田の小さし山紫陽花
松林依子
おほよそは出来るしあはせ髪洗ふ
数長藤代
水芭蕉かすかな音の流れかな
笠井敦子
食前の手拍子高く若葉光
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved