鴫

鴫誌(令和2年10月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

蚊遣香のの字たのみのひと仕事
山ア靖子
おほげさに揺れてほころぶ青芭蕉
荒井和昭
虹の色揃ふサラダや梅雨晴間
田村園子
北限の樹林海霧満ちて来し
田令子
朝涼や目を撫づやうに眼鏡ふ
加藤峰子
どことなくコロナ象る夏薊
相良牧人
今生をいささか余し棙れ花
荒木 甫
水を切る蟇にもこころざし
石田きよし
石段のくぼみ閑かや合歓の花
成田美代
大池の波立つほどに時鳥
山口ひろよ
ペディキュアの素足ばら色老いてなほ
中山皓雪
用水をたどる夕暮れ通し鴨
箕輪カオル
白靴を下ろすに図るタイミング
平野みち代
外出の何処も鬼門梅雨の蝶
甕 秀麿
天帝に尻てらてらと女郎蜘蛛
宇都宮敦子
せせらぎはレシピのかなめ川床料理
山本無蓋
詫び文の載る社会面火取虫
坂場章子
浮き球の流れ着きたる梅雨の浜
和田紀夫
沖膾ひかる海原しぶく水脈
鎌田光恵
七夕を待ち切れず母みまかりぬ
田原陽子
神判めく医学部初診梅雨晴間
数長藤代
なめくぢり今日は加害者地虫食む
原田達夫
久々にシナトラを聴くみどりの夜
笠井敦子
覗かせて貰ふ胸の嬰梅雨の晴
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved