鴫

鴫誌(平成30年11月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

侘びるかに渡り来る風夜の秋
山ア靖子
蟷螂のぎくぎく歩む広葉かな
荒井和昭
感声を伴ふ転舵蓮の花
田村園子
鰯雲流れの速し通過駅
田令子
バスに乗る傾斜涼しき車椅子
加藤峰子
みんみんのその一念をたふとべり
相良牧人
甘藷焼酎コミュニストK君逝きにけり
荒木 甫
空蟬の泣き出しさうなしばし待つ
石田きよし
巌稜を先へ先へとひた灼くる
成田美代
解説は講師のピアノ夏季講座
山口ひろよ
炎昼や家裁で開ける遺言書
中山皓雪
大文字草清らなり行者径
箕輪カオル
語り部のごと八月の太田川
平野みち代
コンビニ無き島に住まひし人涼し
甕 秀麿
夏館靴ぬぎ石の臥牛ほど
宇都宮敦子
みんみんを越えれば油蟬の国
山本無蓋
羽化の場を目指して蟬の強き爪
坂場章子
炎帝に挑む修業に似たるかな
田原陽子
発送のあと初ものの梨囲む
数長藤代
飼ひ犬を離れて亭主夕端居
原田達夫
雨あがり紫紺深める名残茄子
笠井敦子
空蟬の爪の離さぬ腕重し
田部井幸枝
氣をつけてゐても躓く白日傘
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved