鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

改元や茅花流しをまとひつつ
山ア靖子
存在の柵に囲はる蝮蛇草
荒井和昭
新緑や採血針の痕疼く
田村園子
山嶺を間近に望むみどりの日
田令子
切株に斧をかませて汗の爺
加藤峰子
一望の土手に絵文字や芝桜
相良牧人
雲間よりひりひり落つる雲雀かな
荒木 甫
詰将棋解けぬ憲法記念の日
石田きよし
尺蠖の内緒話に割つて入り
成田美代
花の下ひよこ組からひばりぐみ
山口ひろよ
子供の日子供の頃の吾を探す
中山皓雪
からまつの林五月の風誘ふ
箕輪カオル
縁側の母の座布団遠郭公
平野みち代
すかんぽを食みて母郷を近くせり
甕 秀麿
昆布干す風の彼方に竜飛崎
宇都宮敦子
深川に馬肉の老舗夏立てり
山本無蓋
茎太き菖蒲の束を湯に放つ
坂場章子
夏に入る太平洋の波頭
田原陽子
風薫る令和の初日京泊り
数長藤代
見るからに桜隠しの重さかな
原田達夫
山藤を過ぐれば父郷見えてきし
笠井敦子
小岩井の空濃かりけり櫻散る
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved