鴫

鴫誌(令和2年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

菩提寺へしだれ桜の待ちをれば
山ア靖子
石囲み舞台のやうや踊子草
荒井和昭
青空を残して桜散りにけり
田村園子
鶯や住宅団地境界に
田令子
花時の夜を音なく文机に
加藤峰子
一体となれぬ淋しさ散るさくら
相良牧人
「赤旗」に包み筍とどきけり
荒木 甫
鳥雲にコロナ渦中の地球かな
石田きよし
蝌蚪群れて靨の生るる水の面
成田美代
岩に添ひうつらうつらの春の滝
山口ひろよ
散るさくら散らざるさくら散る吐息
中山皓雪
歌垣の山に応へて牡丹雪
箕輪カオル
さくらさくら散りゆく先の日の温み
平野みち代
乱暴に吹くほど多きしやぼん玉
甕 秀麿
安心な間合なるべし亀鳴けり
宇都宮敦子
蜃気楼子供三人成したのみ
山本無蓋
億万の祈り舞ふごと春の雪
坂場章子
職終へる日のネクタイは春の色
和田紀夫
合戦の蛙の沼や花時計
鎌田光恵
風生の句碑や桜をやや離れ
田原陽子
目の前のものを探して春かなし
数長藤代
新しき街に神木茅吹きたり
原田達夫
雁帰るどちらの国も病んでをり
笠井敦子
ぽかぽかの朝の布団を蹴り起きる
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved