鴫

鴫誌(令和3年12月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

二百十日荒ぶる気配もなく今宵
山ア靖子
無愛想な婆の新米にぎり飯
荒井和昭
朝顔の裂けて深閑たる校舎
田村園子
この星に戦ひ止まず九月来る
田令子
落蟬のいぢらしきまで身を寄する
相良牧人
冬瓜のひと筆描きのごと並ぶ
荒木 甫
コロナ渦中燃え立つ聖火秋高し
石田きよし
啄木鳥の森の深さへ音つらね
成田美代
物思ふやうにもとほる秋の蝶
山口ひろよ
晩夏光樹の斑に鯉の背の動く
中山皓雪
口割ればワインレッドの石榴の実
箕輪カオル
鰯雲見下ろす島の造船所
平野みち代
いつゴング鳴つてもよしといぼむしり
甕 秀麿
冷し飴大き器の鳰の海
宇都宮敦子
夕立や西から寄する雨柱
山本無蓋
点眼の一滴秋の夜の静寂
坂場章子
咲き連ね抜きそびれたる灸花
和田紀夫
ひぐらしや大樹は風をつくりだし
鎌田光恵
稲滓火の煙たなびき稲荷まで
原田達夫
一度上ぐ給湯温度白露かな
松林依子
穏やかや晴れの夜明けの蝉しぐれ
数長藤代
ビスケットほろほろ零る残暑かな
笠井敦子
流雲を慕ひ風船かつら伸ぶ
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved