鴫

鴫誌(平成30年12月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

ひと筆にのせるひと文字雲は秋
山ア靖子
無駄蔓を鎌で搔き切る放生会
荒井和昭
浮くものを泛べて山の水澄めり
田村園子
台風過結び目のある掛饂飩
田令子
竹林の爽気に開ける東窓
加藤峰子
いつの間にか顔触れ揃ふ渡り鳥
相良牧人
つれあひにひとこゑ余し秋の蟬
荒木 甫
平成の恩賜公園虫しぐれ
石田きよし
とんぼ群る石の窪みに雨残り
成田美代
滝として直下を落つる瀬の覚悟
山口ひろよ
樹も風も人も黙して秋暑し
中山皓雪
藤は実に羊やんはり鳴きゐたる
箕輪カオル
甲子園から終戦の日のサイレン
平野みち代
オカリナの色なき風の中にかな
甕 秀麿
烏瓜引く荒草に靴沈め
宇都宮敦子
灯台の明り一筋鳥渡る
山本無蓋
秋晴るる病臥の犬のシーツ干し
坂場章子
新走り背筋正して試飲せり
田原陽子
ゆつくり押さる輪踊りの車椅子
数長藤代
木洩れ日の揺れに合ひたり秋風鈴
原田達夫
組の皿二枚に減らす涼新た
笠井敦子
待ち詫びし秋風痩身に痛し
田部井幸枝
館長の爪うつくしき秋の昼
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved