鴫

鴫誌(平成31年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

談笑の図星にはれる霧襖
山ア靖子
老人と回転木馬赤とんぼ
荒井和昭
竹林の奥へ奥へと秋の蝶
田村園子
秋惜しみけり便箋の透かし文字
田令子
延命措置不用と印す菊日和
加藤峰子
秋の雲誰も素直になれさうな
相良牧人
榠櫨の実弾けば爪の痛きこと
荒木 甫
秋灯下わが駄句たちの剣ヶ峰
石田きよし
大鯉の寄り来る水脈や猫じやらし
成田美代
サーカスの旗のひらひら秋うらら
山口ひろよ
ふかし藷分所となりし村役場
中山皓雪
すれ違ふケーブルを見る吾木香
箕輪カオル
遠き日の恋を肴に新酒酌む
平野みち代
秩父には兜太てふ山彼岸花
甕 秀麿
山積みの漁網の底の鉦叩
宇都宮敦子
明日といふ未来へ続く榠櫨の実
山本無蓋
どんぐりや坂にショルダー揺すり上げ
坂場章子
朝顔や終の力の紫紺なる
田原陽子
朝顔の枯るる強さを両断す
数長藤代
茶の花や次来るときは入院日
原田達夫
頬杖の向かふに雨の酔芙蓉
笠井敦子
自信家をセーターに入れて送り出す
田部井幸枝
金木犀散る日のために散き揃ふ
齋藤厚子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved