鴫

鴫誌(令和3年2月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

小春日の梢はなさぬ無心の眼
山ア靖子
末枯れの川原小石の温みかな
荒井和昭
天気晴朗十一月のファンファーレ
田村園子
凩一号バラードを口遊む
田令子
落城のごとき枯葦風に鳴る
加藤峰子
後が無い十一月をうかうかと
相良牧人
踏みにけり桜落葉と小さき虫
荒木 甫
炊きたてのこまちに抱かる寒卵
石田きよし
どんぐりの昨夜の湿りを手に包み
成田美代
月光のいづこの屋根も濡らしをり
山口ひろよ
昨日とは違ふ香りや金木犀
中山皓雪
丸まつて山気に濡るる朴落葉
箕輪カオル
ひとりてふ良き夜弓張月見上ぐ
平野みち代
吊揚げし鉄骨振らる神無月
甕 秀麿
睦言か寝言かくくと浮寝鳥
宇都宮敦子
欠航の冬めく波止の波頭
山本無蓋
秋ともし聴くたび涙滲む歌
坂場章子
秋蝶の縺れて行方定まらず
和田紀夫
郁子垣や白い小犬の貰はれ来
鎌田光恵
小春日や墓裏の朱は私の名
田原陽子
朝しづむ月の写メール十一月
数長藤代
隠り沼の水鳥は尻ばかり見せ
原田達夫
病棟の個室に聖書虫の秋
笠井敦子
弁天の口の綻ぶ秋日和
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved