鴫

鴫誌(令和元年12月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

二重丸の体調に覚め草ひばり
山ア靖子
老人の湯中り胡坐三日の月
荒井和昭
八月の覚悟のひとつ髪を切る
田村園子
生垣のまつすぐ続く野分跡
田令子
敬老日翁おうなの地獄耳
加藤峰子
秋の暮素手に鸚鵡を渡さるる
相良牧人
白露かなティッシュにありぬ縦と横
荒木 甫
つくつくし調子つぱづれの落ち入るる
石田きよし
つづら折澄む水音を下に聞き
成田美代
生月を疲れにつかれ八月尽
山口ひろよ
臥せ稲を刈る機械音かろからず
中山皓雪
夕顔の実のてらてらと横たはる
箕輪カオル
警報の英字テロップ秋出水
平野みち代
京都より「こだま」で帰京涼新た
甕 秀麿
高原の空あつけらかんと女郎花
宇都宮敦子
ホッピーの泡のつぶやき秋の暮
山本無蓋
秋暑し物言ふやうに吠える犬
坂場章子
重陽の日の夕焼に身を焦がす
田原陽子
熱き骨抱ふ弟秋の雨
数長藤代
羽抜鶏若沖の赤まとふまで
原田達夫
影作るものに走りて蜥蜴の尾
笠井敦子
草叢の男の子の奇声野分晴
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved