鴫

鴫誌(令和6年5月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

喝采
橋道子
総立ちの喝采のやうシクラメン
茅屋に新たな手摺鳥の恋
木の箱の金のカステラ春浅し
ヒヤシンス色褪せぬ間の申告書
しよつてるねと母の笑ひし春炬燵
鉢に買ふさくら莟は十あまり
水苔の球に育ちてわが桜


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved