鴫

鴫誌(令和元年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒井和昭選

鯉のゆさぶり河骨のたぢろがず
松林依子
滴りの手に一滴の硬さかな
三木千代
夜具干して客のあるらし祭笛
鎌田光恵
暑気払ふ予後の三人の高笑ひ
藤沢秀永
風入れてすつからかんや夏座敷
中島芳郎
ポストヘはいつも小走り梅雨の星
立花光夫
糸蜻蛉番ひてハートになるところ
和田紀夫
卯の花腐し紅涙を見すごせり
足立良雄
沖漬の烏賊の筒切り冷し酒
来海雅子
落花なく莟もなくて水中花
佐藤晶子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved