鴫

鴫誌(令和6年6月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

石田きよし 選

春時雨合羽着てをるマルチーズ
近澤きよみ
亀鳴くや妻の遺品の謡本
足立良雄
いくさ終へ名誉の負傷猫の恋
渥美一志
木琴のトレモノめきぬ春の川
尾川美保子
尾を立てて猫のくぐりし木瓜の花
橋洋子
川面は言はば画用紙春の風
川P 康
風光る片手で持てぬ小芥子かな
齊藤哲子
うるせえと叫べ女よ花ミモザ
島田貴郎
公魚のほのかな苦み湖の風
立花光夫
春浅き車窓の富士や見舞旅
西嶋久美子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved