鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒木 甫 選

大空はスケートリンク夏燕
木澤惠司
昼顔や音立つやうに雲生まれ
鎌田光恵
潮騒のとどく長椅子夕薄暑
江澤弘子
象徴の衣冠束帯夏に入る
足立良雄
浅草の寄せては返す神輿かな
立花光夫
ぞろぞろと蟻ぞろぞろと丸の内
中島芳郎
到来のつづき筍攻めの日々
島田喜郎
父の日やポイントカード渡されり
濱上こういち
去年より大きく吹く児しやぼん玉
松林依子
藤棚の監視カメラと目があひぬ
加藤東風



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved