鴫

鴫誌(平成30年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒井和昭 選

けん玉の数多の技を文化の日
足立良雄
冠の育ち過ぎたる鶏頭花
山内洋光
卜口箱を叩くは囃し村祭
鎌田光恵
秋草を跳ねて流るる千曲川
伍島 繁
聴きとれぬ後の孤独や柿を剥く
齊藤哲子
方向を定めずに行く大花野
和田紀夫
呟きに頷き返す秋ともし
坂場章子
鶴首の徳利に一枝吾亦紅
松林依子
出羽流に果皮こんがりと通草焼く
藤沢秀永
女の子より優しき男の子秋桜
堀岡せつこ



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved