鴫

鴫誌(令和2年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

石田きよし選

媼より早苗受け取る翁かな
山本久江
非日常何時か日常夏のれん
西嶋久美子
天守閣揺るる植田の波の上
濱上こういち
せせらぎの通奏低音螢の夜
木澤惠司
臆病な犬と私と青蜥蜴
佐々木秀子
遠雷や自分の為の子守唄
宮ア根
まくなぎを来し形相のただならず
奥井あき
家居より解き放たれて風青し
立花光夫
色付きて庭に電飾ミニトマト
西村将昭
言葉より笑顔で会釈濃紫陽花
加藤東風



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved