鴫

鴫誌(令和元年11月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒木 甫 選

ほうたるの向ふ側より呼ばれけり
遠山みち子
風鈴の舌を斜めに延ばしたる
和田紀夫
射的場のコルクの湿り半夏生
木澤惠司
ピンバッジ抜くくたくたの夏帽子
齊藤哲子
八月のダリの懐中時計かな
中島芳郎
あきんどに縁なき出世秋刀魚焼く
宮ア根
原爆忌異形の雲の記憶なほ
奥井あき
酒店にどつかと据る祭獅子
鎌田光恵
海風に朽ちたる社蟬の穴
西嶋久美子
かき氷崩す少女の付睫毛
山内洋光



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved