鴫

鴫誌(令和元年12月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

石田きよし 選

武骨ぶりなり和南瓜の佇まひ
松林依子
爽やかに刃を当てる駒師かな
西村とうじ
理髪師の走り鋏の秋の声
足立良雄
被災せし犬を預り星月夜
三木千代
秋澄むや漫ろにめぐる合羽橋
藤沢秀永
折り折りに母には嘘を鳳仙花
小宮智美
籾殻焼く煙の向かふ飛行場
鎌田光恵
近く来て寄れぬふる里柿赤し
みたにきみ
コンバインの音高々と夜刈りかな
山本久江
新涼や瀬音の響く旅一夜
柴田歌子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved