鴫

鴫誌(令和3年9月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

石田きよし 選

日焼せる青年の黙足場組む
山内洋光
男梅雨激しきことはをみなこそ
みたにきみ
梅雨晴間空にはそらの都合あり
濱上こういち
ともゑに舞ふ夏白蝶の朝かな
山本久江
追熟の頃合ひ良しとメロン切る
西島久美子
苦瓜の防ぐマンネリ化の夕餉
川瀬康
老鶯の聞こゆきこえぬ一つ屋根
中島芳郎
捥ぎたてのトマトを貰ひサラダの日
小宮智美
ひたむきに太陽を恋ふ山法師
重廣ゆきこ
病床の夫天井の蟻みつむ
中村明子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved