鴫

鴫誌(令和3年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒井和昭 選

年新た五勺の酒にちと足して
中島芳郎
氷柱折る木琴叩くやうにかな
西村とうじ
待春の庭石の上雀どち
三木千代
月の舟冬田の沖に浮びたる
山本久江
道草に道草かさねおらが春
木澤惠司
訳ありて始発電車の雪女郎
西嶋久美子
白鳥の塒にぎはし冬茜
渥美一志
三世代の交流できず七日粥
山内洋光



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved