鴫

鴫誌(令和2年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

尖りくる風に色めく麦芽かな
箕輪カオル
音の無き廻り舞台や年新た
中島芳郎
灯を返す葱の白磁を眩しめり
奥井あき
かんからから烏佇む寒九かな
原田達夫
狐火も本気にならば熱からむ
成田美代
裸木の枝先初志を溜めてをり
加藤峰子
割かれたる二峰の万年虎落笛
荒木 甫
下町の靴屋の木型輪飾りす
山内洋光
水落ちて岩たたきをり寒椿
鎌田光恵
片目ぶん拭うて夜の暖房車
山口ひろよ
積ん読の為になる本春を待つ
宮ア根
貧しさの等しきころや歌がるた
松林依子
威勢よく腹を読み合ひ初の糶
安井和恵
のしかかり村沈めゐる冬の雲
西村将昭
くさみ三つ続けし後に来る視線
みたにきみ
追羽子や肩ぐるまの児樋のぞく
佐々木秀子
暫くは鏡の我と初笑
木澤惠司
早梅や煩悶続く四十路の子
橋信一
助手席の君のコーヒー初昔
川瀬 康
正月や長身に髭下戸の婿
佐藤佐津



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved