鴫

鴫誌(令和3年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

魚は氷に上りて雲ははぐれけり
木澤惠司
薄氷を透かして君の笑ふ顔
和田紀夫
波が波巻き込むやうに冬の海
濱上こういち
神籤ひくやうに封切る朧月
鎌田光恵
公魚の釣られし態のまま凍る
宇都宮敦子
缶詰が結納子猫貰はるる
山内洋光
春の虹半病人の願ひごと
宮ア根
待春のグランド隅にトンボニ基
甕 秀麿
雛人形揺るる十年目の余震
松林依子
立春やぐいつと開く蔵の窓
西村とうじ
山笑ふ猫車とは儘ならぬ
五十嵐紀子
飛ぶ砂のぴしり頬打つ浜二月
西村将昭
七曜を確かむ暮らし春炬燵
野口和子
処理水の千余のタンク冬満月
渥美一志
夜のしじま探る蜆の舌ニミリ
みたにきみ
読み止めしページに余寒はさみけり
佐藤晶子
ドアノブにマスク吊して朝寝かな
立花光夫
親株を離れにつこり蕗の薹
西嶋久美子
束の間の同居ひと間に雛飾る
伍島 繁
夕東風やトラック円く角曲る
橋洋子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved