鴫

鴫誌(令和3年6月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

花あしび日差しさめゆく午後の風
箕輪カオル
さしも草ささやかに地を覆ひけり
原田達夫
おぼろ夜の病臥のひとは本の虫
松林依子
いささかの孤独弥生の玉子焼き
加藤峰子
割烹着の母逃げまくる鬼は外
濱上こういち
回遊魚のやうな散歩や水温む
齊藤哲子
海面の綺羅ちぎれけり春ならひ
鎌田光恵
見つめられ見つめ返せり雛の眼
成田美代
点滴の猫の神妙春ともし
坂場章子
団地てふ四角四面や咲く桜
荒木 甫
凍て解けの道月面を歩むごと
平野みち代
永き日の二度目も合はぬパスワード
山口ひろよ
連翹をよろしくとのみ転居せり
藤沢秀永
空青し越後の布の雪ざらし
安井和恵
始業ベルたんぽぽ囲む工員に
奥井あき
春の海描けば近き水平線
伍島 繁
白蝶の煌めくあたり君の店
川瀬 康
母遠し二枚あはせで焙る海苔
橋洋子
木の芽吹く授かりし二子子の子二子
蒲野哲雄
永き日を感じながらの長電話
木村百合子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved