鴫

鴫誌(令和元年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

網小屋に女手集め枇杷出荷
和田紀夫
鉄砲百合再会のなき左様なら
山口ひろよ
曲るならいつそ折れたし蒲の花
宇都宮敦子
被災地の腐草蛍となりにけり
宮ア根
身の内の兵六玉へ水を打つ
江澤弘子
凌霄花スマホに漢嗤ひかけ
荒木 甫
油照影をはがしてバスに乗る
鈴木征四
チョモランマの石を飾りて涼気かな
石田きよし
海鞘の香の著きを零す白磁鉢
青木ちづる
梅雨寒や閂止めの技解く
松林依子
見送れり朝顔市へ行く鉢を
藤沢秀永
玉葱を吊して宙の浮子にせむ
山本久江
放流のダムの轟音夏の蝶
小宮智美
鬼灯市鉢に切り良き値の付きぬ
齊藤哲子
オルガンのドレミのドー蟇
佐々木秀子
夏休み日直の名の消し忘れ
来海雅子
丸き実に意地詰め込めり青山椒
森 しげる
ごめんねと言はぬ二人やソーダ水
西嶋久美子
男衆の濡れても白き祭足袋
野口和子
祭笛聴くケバブ屋のトルコ人
川瀬 康



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved