鴫

鴫誌(平成29年11月号)より

選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

木戸門の風鈴直す警備員
箕輪カオル
生き急ぐひとつの形蟬時雨
濱上こういち
かなかなやあまたの書類書き寡婦に
加藤峰子
砂浜に紅の継ぎ当て天草干す
鎌田光恵
星草や眼窩を浸す水明り
山口ひろよ
姉ちやんと従妹を呼べり夕化粧
足立良雄
村中が菊を育てて甘酸つぱい
中山皓雪
愚老らの昭和平成蟬しぐれ
荒木 甫
朝刊のコラムに師の句涼新た
坂場章子
点描の白の限りを花木槿
相良牧人
鹿の子鳴くふいに纏ひぬひだる神
齊藤哲子
月涼し父は黄泉路へ吾は家路
石田きよし
直球のやうな漢と濁酒酌む
藤沢秀永
金魚鉢の和平ぐらゐは守りたし
藤兼静子
蟬時雨止まりて我に返りけり
青山正生
風鈴や海のにほひの乱れ箱
木澤惠司
黒揚羽羽音に開かぬ自動ドア
奥井あき
筒抜けに風を遊ばす夏座敷
伍島 繁
新涼の朝餉や河馬の如く食む
蒲野哲雄
葛桜銘銘皿の波模様
加藤東風



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved