鴫

鴫誌(令和3年9月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

加藤峰子 選

玉葱を楽譜のごとく吊るしをり
伍島繁
夜叉となる心を静め毛虫焼く
三木千代
飛べさうで飛び立ちさうで燕の子
中山皓雪
小太鼓の連打の如く梅落とす
別人蓑虫
紅花に触るるは中間管理職
川瀬康
教へたる辻を曲がりし日傘かな
石田きよし
行儀良く並んで浴衣着せらるる
田令子
赤べこを揺らす地震なり夏の朝
宮ア根
牛蛙田んぼバンドのベーシスト
渥美一志
尺蠖や天を仰ぎつ地に伏しつ
中島芳郎
ころあひや追肥施す瓜畑
山本久江
思ひきり髪をカットす走り梅雨
加藤東風
片蔭に金曜だけのキッチンカー
江波戸ねね
円舞曲指揮するやうにレース編む
土門なの子
一盛の飯厚切りの初鰹
野口和子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved