鴫

鴫誌(令和3年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

児は母に凭れて灯火親しめり
五十嵐紀子
ブラインドタッチ金木犀の散る
田令子
俺と言ふ顔少年に青みかん
松林依子
風集め十六豇豆さわぎけり
遠山みち子
代金はどんぐり払ひ砂の飯
川瀬 康
だらだらと人コロナ禍の生姜市
原田達夫
モナリザに夜寒の心覗かるる
加藤峰子
浜鴫群る水面に磁力あるやうに
鎌田光恵
新涼や音信大に待つ知らせ
齊藤哲子
そで口に釦の二つ秋の声
甕 秀麿
メビウスの輪の如うねる椋鳥百羽
渥美一志
秋深き石庭の波静かなり
山本無蓋
椎の実のレシピもありて恐れ入る
島田喜郎
秋天へへなちよこに舞ふ竹とんぼ
西村とうじ
栗拾ひ中止電話を掛けまくる
田部井幸枝
服選びマスクを選ぶ秋の朝
小宮智美
梨一つてくび落して受け取りぬ
土門なの子
秋天にセットバックの庁舎成る
太田英子
夕月夜疎遠わびあふ家族葬
別人蓑虫
ネクタイのかがしの案内千枚田
尾川美保子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved