鴫

鴫誌(令和3年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

巨樹あれば幹を叩けり春よ来い
成田美代
熱燗や敗者同士の相寄らず
西村とうじ
白鳥のらの字のららら陣となり
鎌田光恵
かるた取り嬰はればれと掻き回す
加藤峰子
初漁の蛸は這ひつつ糶られをり
奥井あき
あらたまの令和三年大欠伸
荒木 甫
ストーブの炎は呪文こんぺい糖
森 しげる
初みくじ神の仰せを蝶むすび
石田きよし
ワンコインに笑顔いただくお年玉
松林依子
松明けて混雑緩和冷蔵庫
島田喜郎
荒波の先の鯨を見に行かな
和田紀夫
今生ぞ寒星われと同い年
中島芳郎
ひよどりの糞きざはしに初帯
山本久江
鬱積の踏み砕きたる氷面鏡
山口ひろよ
兼好に就きて参らむ去年今年
藤沢秀永
反戦歌疾うに忘れて冬の鵙
甕 秀麿
数の子やニュースは数字のみ伝へ
川瀬 康
時雨来る我に遺影の深眼差し
田部井幸枝
開け放しオカリナ教室寒日和
三木千代
ウクレレの練習佳境冬茜
鶴岡伸雄



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved