鴫

鴫誌(令和2年9月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

水海月思ひのたけを翻り
成田美代
シングルは寡婦より強し芙美子の忌
安井和恵
蛇の衣昨日を捨てた形かな
山内洋光
梅雨寒の合せ鏡の中にをり
田令子
赤ちやんが赤ちやん触る片かげり
中山皓雪
母の日の「と」が鏡文字ありがとう
島田喜郎
青雲をのせて五月の川流る
木澤恵司
夕日野や面だましひの夏の椋鳥
鎌田光恵
光堂厳かに梅雨始まれり
西嶋久美子
白シャツを着て外がいい外はいい
原田達夫
炎昼の浮桟橋や水かげろふ
和田紀夫
一輪の白薔薇に吾を立て直す
山口ひろよ
秘めごとを聞いてほしくて螢袋
荒木 甫
青蘆の沼の形を確かにす
甕 秀麿
屁理屈でその場を凌ぐ冷奴
足立良雄
活版所生きてゐる町梅雨夕焼
松林依子
紺碧の空うら返す夏燕
柴田歌子
梅雨空や律義にこなす医者通ひ
橋信一
母の側にはいつも妹杏の実
みたにきみ
名画座に非常灯青梅雨きざす
津久井佳江



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved