鴫

鴫誌(平成30年4月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

冷たさの固まつてゐる洋書棚
田令子
御慶にも濃淡のあり茜雲
中山皓雪
山眠る胎蔵界を内に秘め
相良牧人
寒林を抜けてかがやく腕時計
成田美代
細波は川面の笑まひもぐりつちよ
山本久江
初鏡なによりも吾に負けぬこと
山口ひろよ
生き返る力残して川涸るる
甕 秀麿
団子屋の朝の音なり寒の水
宮ア根
人の名はなべてイニシャル初日記
藤沢秀永
風紋に鳥の足跡冬の浜
西村将昭
連れ合ひと脚を分けあふ松葉蟹
荒木 甫
寒晴の潜むものをるやうな青
坂場章子
寒林の夕日散り行く船着き場
伍島 繁
着ぶくれて一日まへのことを書く
齋藤厚子
鰭酒のひれ焼く手間のひと呼吸
来海雅子
初凪や太平洋の照り返し
橋信一
洋服の釦掛けつつ御慶かな
和田紀夫
不文律三日の夕のライスカレー
西村とうじ
初仕事片脚立ちに靴下履く
村上禮三
新暦書きし予定に縛られる
みたにきみ



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved