鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

作業服強ついてをり浅蜊丼
田令子
一村の言霊ねむる大桜
箕輪カオル
マラカスを棚に並べる種物屋
足立良雄
野遊びやでんぐり返る斬られ役
鎌田光恵
春の月海峡の潮眠らせず
山口ひろよ
堂内の朧に弥陀の厚みかな
宇都宮敦子
泉下への近道求む春の雷
宮ア根
立像の男の肩にある春愁
加藤峰子
母似とて花追ふ吾を笑ふ夫
松林依子
採血の小さき手枕さくら冷え
山内洋光
UFOと交信中の葱の花
山本無蓋
山彦に逢ひたくなりて花の山
中島芳郎
A4を拡大A3日借時
甕 秀麿
雄の木でありますが山椒花盛り
岩本紀子
鞦韆を去るちぐはぐの揺れ残し
五十嵐紀子
平成の殿として春満月
青木ちづる
忘れ去る幸やトマトの丸かじり
立花光夫
世は代はる亀の鳴かうと鳴くまいと
村上禮三
うららかや瀬戸の早瀬の一人舟
宮川智子
腰からの野球実況芋植うる
土門弘子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved