鴫

鴫誌(令和3年12月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

加藤峰子 選

メロン畑贋物と知る吊烏
三木千代
生前も死後の母にも桔梗挿す
五十嵐紀子
生きるための闘志を杖に敬老日
柴田歌子
蜻蛉の尾を描くとせば一直線
坂場章子
星一つ加はり先師の句座涼し
甕 秀麿
バンダナをしつかり結び水の秋
成田美代
話さねば皺める声音秋さうび
山口ひろよ
山裾は雨にけぶらひ稲を干す
箕輪カオル
根を堅く花藻流れに遊ぶかな
田部井幸枝
栗飯の湯気荒神の紙垂揺らす
森しげる
小さき風大きく見せて萩の叢
野口和子
初さんま細く短く値は高く
中村久一
そばかすもチャームポイント油点草
尾川美保子
烏口の刃先を研げり夜半の秋
村上禮三
早朝の蓮見の池の出逢ひかな
山本とう子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved