鴫

鴫誌(令和2年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

舶来の二豎をひそめる霞かな
中島芳郎
人の死の遠くにあらずリラの花
和田紀夫
密やかにスープ煮詰まる花の冷
成田美代
白木蓮大志と言ふは抱くもの
荒木 甫
我が庭に不要不急のフリージア
濱上こういち
鳥帰る空に余熱のやうなもの
相良牧人
会さずとも心繋いでさくらさくら
坂場章子
惜春の大学ノート閉ぢしまま
田令子
落椿あまたを供花の墓一基
松林依子
しやぼん玉いくつとばせば気がすむの
木澤恵司
春の水転がるやうなピアノの音
山本無蓋
往路より帰路の白さや雪柳
青木ちづる
いとをかし酒も団子もなき花見
渥美一志
よく笑ふ男ありけり花筵
森 しげる
花冷や夫の古シャツ裾むすぶ
奥井あき
弁松に寄り足早の花見かな
西村とうじ
コロナ菌に似たるが悲し落椿
今井忠夫
水温む大きな鯉の大あくび
近澤 宏
其はてふの外ならずなり花水木
向山加行
春眠の空飛ぶ夢に疲れけり
橋洋子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved