鴫

鴫誌(平成31年3月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

自画像の手持無沙汰の冬帽子
足立良雄
呟きのやうに冬ばら片ほどけ
山口ひろよ
吹き窪め白湯ほろほろと室の花
奥井あき
オルガンのゆあんゆをんとクリスマス
山本無蓋
断崖の肩に日当たる冬紅葉
箕輪カオル
冬灯の詩魂ひそめる紙背かな
中島芳郎
乗換へる度に寒さの違ふ駅
中山皓雪
涸川の底のさざれに載る一葉
村 卯
煌めきの分子構造めく聖樹
宇都宮敦子
人むかし変温動物冬至風呂
和田紀夫
冬ざくら「愛」てふ墓碑に姉納む
齊藤哲子
山眠る昭和遺せしボタ山も
甕 秀麿
ずつとそこで我を待ちしか雪ばんば
立花光夫
炉語りの火箸動きて本題へ
藤沢秀永
とつくりのセーター着ればパリの空
西村将昭
宇宙食てふ小さき羊羹冬の月
西嶋久美子
年用意ともかく鋸の目立てかな
西村とうじ
短日の両手の荷物振り子振り
中下澄江
外の葉は子を抱くやうに玉白菜
宮川智子
モニターは来客の鼻冬ぬくし
向山加行



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved