鴫

鴫誌(令和2年12月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

蛤とならぬ雀に米分くる
山口ひろよ
向日葵のカレー市民のやうに枯れ
和田紀夫
秋高し牧の子馬柵より馬の背に
奥井あき
出勤の腕に背広今朝の秋
齊籘哲子
一段と奥にまします青秋刀魚
藤沢秀永
足場組み鳶職秋の空歩く
山内洋光
戦後の日々続け八月十五日
石田きよし
二本は多しペペロンチーノの唐辛子
宇都宮敦子
新月やメール迷子になりにけり
原田達夫
振り向けば空先見れば曼珠沙華
成田美代
喩ふればミッキーマウス帽子花
箕輪カオル
桔梗を固く束ねる先師の忌
荒木 甫
新米を掌にをどらせて握り飯
佐藤晶子
秋澄むや畳む老舗の包装紙
田令子
かなかなのおもむろといふ鳴き始め
坂場章子
東雲の秋のオリオン南中す
田中裕一
水草の揺れに執着赤とんぼ
西村とうじ
電線の繋ぐ村々法師蟬
伍島 繁
かなかなは雨降るやうに露天風呂
近澤清美
眠ること出来ぬあはれや水中花
森田啓子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved