鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

生きるための一筋の跡蛞蝓
山内洋光
若葉して木霊のアンチエージング
木澤惠司
嬉しくも寂しくも開け冷蔵庫
中山皓雪
棉咲くや一通だけの父の文
宇都宮敦子
地の力集めて空へ今年竹
和田紀夫
蟻出でて令色の世を後退る
荒木 甫
古沼に雲を湧かせて行々子
箕輪カオル
偶然は必然に似て虹二重
成田美代
どたどたと泥の菖蒲と父帰宅
森しげる
桜しべふる乙女の像の立膝に
奥井あき
とつときの大きな器夏料理
中島芳郎
後退りあとずさりして朴の花
三木千代
竹落葉肩引きて径譲り合ふ
山口ひろよ
憲法記念日兵の写真のここに父
山本久江
竹の子来る三兄弟のごとくくる
相良牧人
戻り来て巡査の見上ぐ燕の子
平野みち代
草笛をおならと言ふ子おなら攻め
島田喜郎
故郷のなもしなもしの日永かな
宮川智子
城下の団子屋生まれ燕の子
佐藤晶子
園丁の帽子を狙ふ赤蜻蛉
勝山 信



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved