鴫

鴫誌(令和2年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

古巣持ち電柱下りる工夫かな
山内洋光
股引の山師の祖父の血を引きぬ
相良牧人
紙漉女しづかに木の葉閉ぢ込めぬ
山口ひろよ
ハーモニカ吸へばファの音山笑ふ
平野みち代
大兄と宛名に付けて桜鯛
足立良雄
虹色に風を染めつつ石鹸玉
宇都宮敦子
重ね着や日記はいつか曝さるる
甕 秀麿
春満月何を吸うたかふくらめり
森しげる
暗算をすれば始まる花粉症
田令子
枯山はことろことろの声のする
遠山みち子
十分な笑ひ果たせずマスクして
濱上こういち
押し殺すときめきもあり寒牡丹
三木千代
早春の湯の香の里の理髪店
木澤惠司
料峭の光を吸うて松の脂
坂場章子
夜叉の面当てて下界の櫻見る
田部井幸枝
バレンタインデー年金少し取り崩す
齊藤哲子
磯の香や小体な店の牡蠣フライ
立花光夫
寒明や朝日に当てる豆腐箱
西村とうじ
紅椿挿すそれだけの誕生日
加藤東風
薄氷の漸う乗せる葉一枚
八尋みなみ



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved