鴫

鴫誌(令和元年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

出羽晴や水追ひ立てて泥鰌掘る
奥井あき
裸木の空ぐらつかせ雀群る
鎌田光恵
霰打つウインドー暗き銃砲店
宇都宮敦子
春愁を巻き込んでゐる玉子焼
平野みち代
一水のこゑ洩れゐたる焼野かな
箕輪カオル
路上絵を落葉のひとり遊びかな
相良牧人
退屈な暮し一喝春の雪
安井和恵
はやり風邪隔離の部屋にミレーの絵
柴田歌子
後悔も俗世の糧ぞ下萌ゆる
藤沢秀永
春の雲はぐるるといふ気ままかな
木澤惠司
空はうすずみ東都の春は肌の色
原田達夫
うとうととチューリップの芽揃ひけり
田令子
叱られし子を呼び入れて春炬燵
山内洋光
春一番帰宅の妻は風を脱ぐ
鈴木征四
降る雪の手頃が父の里自慢
島田喜郎
饒舌に無言で答ふ蜆汁
小宮智美
先頭を春野へ進む理科教師
森しげる
けん玉の剣に玉剌す春麗
田中裕一
意志硬き受験子親の肩貶す
澤田美佐子
相席の訛り福島牡丹鍋
野口和子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved