鴫

鴫誌(令和2年10月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

辣韭掘り土に叩きて土おとす
鎌田光恵
涼しさや指触れて文字読まれをり
五十嵐紀子
疾駆せる万馬の鬣青田波
甕 秀麿
西日さす書架よりぬつと紙いきれ
木澤恵司
いつか来るさういふ日来る梅雨の月
西嶋久美子
西国を流離ふ長子走り梅雨
渥美一志
百合の香や墓前に嬰を見せにゆく
加藤峰子
百合匂ふ心にも無きことを言ひ
山口ひろよ
夏霧や色にて分かる人の粒
箕輪カオル
蟻の穴噴火口めく蟻が蟻が
荒木 甫
水番の白鷺じつと水口に
山本久江
酢に咽ぶ嘘つくときの心太
山内洋光
忙しなく不動産屋の熱帯魚
西村将昭
銃向けるごとき検温梅雨の雷
足立良雄
明るき記事を搜せども鰻食ふ
小宮智美
木洩れ日の右往左往や梅雨嵐
勝山 信
舞ひ上る真昼の匂ひ水を打つ
中村久一
書を曝すコロナ自粛といふ余白
立花光夫
力ップ麺啜る幽霊舞台裏
今井忠夫
ヘルメットのひも跡白く昼寝かな
八尋みなみ



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved