鴫

鴫誌(平成31年1月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

空海の大きな野糞葛嵐
荒木 甫
蛇瓜ふらり青瓢でんとあり
原田達夫
学僧のベンチでランチ鵙日和
和田紀夫
ひやひやと恐竜展の背骨反る
加藤峰子
物流倉庫秋風を通せんぼ
松林依子
寝たくないと泣いて寝る子よ十三夜
島田喜郎
雁来紅卒寿容れかねわが器
田中涼平
畳屋の灯洩るシャッター夜なべらし
山口ひろよ
武蔵野の秋や停留所に二人
濱上こういち
白萩やオカリナの音の風生るる
来海雅子
かりがねや夕日が波を流離へり
鎌田光恵
せせらぎに色を貰ひて山葡萄
平野みち代
無人駅の点字ブロック秋うらら
足立良雄
藻に潜む秋の金魚の鉢叩く
青木ちづる
色ながら散るや女優の平穏死
安井和恵
時計見ぬ一人暮しよ新走
宮ア根
横綱をやをら持ち上げ老菊師
鈴木征四
赫あかと夕日を散らすたうがらし
柴田歌子
そむく子も我が分身や菊の花
中村明子
山芋にあそばれてをり指の先
宇田川ふさ子



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved