鴫

鴫誌(平成30年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子 選

悪童が首刎ねてゆく葱坊主
和田紀夫
蟻出づるはや求道者の顔となり
宇都宮敦子
人想ふ速度に梨花の畑となる
加藤峰子
鳥帰る雲をさらつて行くやうに
濱上こういち
わらび来て出揃ふ野菜直売所
松林依子
嵌めしまま軍手を洗ふ菊根分
齊藤哲子
蟻穴を出でて本日より残業
荒木 甫
飽きざるを生業といふ田を植うる
島田喜郎
初つばめ虚ろの胸を驚かす
村 卯
けだるさは寛容に似る蝌蚪の紐
成田美代
初蝶や葉書一枚持つて出て
坂場章子
おそらくは遊び盛りの葱坊主
齋藤厚子
花屑が先に乗り込む始発駅
山囗ひろよ
人悼みをれば散る散る花辛夷
平野みち代
糞ごと鋤く田掻牛の胴ぶるひ
中山皓雪
春昼や馬鹿らしきまで論争す
堀岡せつこ
静かなる老いの反抗春落葉
澤田美佐子
木の洞はいのちの器巣立鳥
山内洋光
花冷や天井低き吟味の間
西村将昭
二時間のふるさと遠し啄木忌
渥美一志



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved