鴫

鴫誌(令和3年2月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

冬菊
橋道子
悼 井上信子様
大輪の冬菊にかの笑みよぎる
また来ますと別れしままや枯木立
静寂とふ音あり秋の野の真昼
星月夜いつぽん残る心張棒
夜に乗じ木犀の香を嗅ぎまはる
めんだうな男の矜持いぼむしり
ひややかに創を映して夜の鏡
あれ毀れこれ毀しして冬支度
山茶花散る横死の守宮はうむれば
冬夕焼マチスの赤と競ふかに


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved