鴫

鴫誌(令和3年9月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

無尽蔵
橋道子
今年竹どれも初めは真直ぐなり
花蓮の五百の揺れの呼ぶ神代
腕白を育てる麦茶また冷す
水鉄砲補充の弾の無尽蔵
北側の蕺菜すなほすぎる罪
二人ぶん二日で三合炊いて夏至
短夜をいくつに刻む雨の音


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved