鴫

鴫誌(令和2年8月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

距離
橋道子
パソコンの「ゴミ箱」空に五月来ぬ
どこからか「ゴンドラの唄」傘雨の忌
花は葉にセルフカットの髪をどる
蟄居とはチャレンジのときレース編む
人に行動変容あぢさゐに変種
さびさびと人住み替る夏邸
ハンカチやその人にのみ見せる貌
耀へる葉を前衛に黐の花
青鷺の睥睨巨樹の真中より
青嶺とも人とも距離をおく月日


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved