鴫

鴫誌(令和元年7月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子
月曜の水の硬さや瓜洗ふ
青葉光つまづき落とすイヤリング
型落ちの吾をくすぐる小判草
捩花のこれは右巻きこれ左
蛇の髭の花や吐息をむらさきに
何がなにやらスマホ契約しての汗
「決定」を押しつつ進む梅雨便り
青梅雨や語り出しさう父の石
水無月の石の蒼さに決心す
地動説生れたる日とも大夕焼


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved