鴫

鴫誌(令和元年5月号)より

代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

橋道子
水ぬるむ椎の葉陰の暗がりも
暗号のやうにぽつぽつ落椿
昆布豆を煮るこれしきの春の風邪
鷹鳩と化す日を医師の前にをり
立ちなほる茎を応援シクラメン
学校の左右コンビニ桜東風
浮き沈む初緤の黄のあはきこと
無地といふしたたかな柄春ショール
追伸を重ねて足らず朧月
現し世の舵切る時か春の雷


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved