鴫

鴫誌(令和6年6月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

踏みしだき釣座にしたる鳥雲に
荒井和昭
だしぬけに詰まる如露の目冴返る
田村園子
ほんにまあこの一本の早桜
荒木 甫
夫婦雛の守衛のやうなこけしかな
石田きよし
淡雪の止んで煌めく枝の先
成田美代
盆梅の莟いつ咲くつもりかや
山口ひろよ
北風強し霊峰富士の飛ばされさう
中山皓雪
迷はずに被写体絞る花ミモザ
箕輪カオル
大粒の雨に乱るる蝌蚪の国
平野みち代
天窓より春とどきたり園児室
甕 秀麿
穴出でしばかりの蛇よ眼澄み
宇都宮敦子
六人が六人カレー梅見茶屋
坂場章子
ダイヤモンド富士てふ入日冴返る
和田紀夫
はうれん草すつぽ抜く根の土にほふ
鎌田光恵
年寄りの激論の果て亀の鳴く
原田達夫
湯の町の湯けむりまみれ恋の猫
松林依子
眠る土ほぐして春の種を蒔く
山内洋光
受験子へ異土の魔除けの鷲の羽
奥井あき
赤い糸切れて空へと初彼岸
三木千代
聞き覚えあるビートルズ春の夜半
笠井敦子
流れるやうな太極拳を春の風
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved