鴫

鴫誌(令和6年3月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

冬芽立ついつものコース雲ひとつ
山ア靖子
退院のゑくぼの美しきクリスマス
荒井和昭
裸木の梢込み合ふ空蒼く
田村園子
読みさしの新釈資本論冬木の芽
荒木 甫
冬晴や棺に自称晴れ男
石田きよし
デッキへの扉を重く冬の航
成田美代
広げればインコの尾羽膝毛布
山口ひろよ
触れ合ひて干さるる傘や御講凪
中山皓雪
吊橋のことりと揺るる寒さかな
箕輪カオル
試しみる翻訳アプリ漱石忌
平野みち代
マグマ溜り蓋して火の山眠りけり
甕 秀麿
朱鷺色の打掛厚き菊人形
宇都宮敦子
丁寧に剝ぐ紙包み十二月
坂場章子
色変へぬ松や先師の奇岩句碑
和田紀夫
児の背丈越ゆる白葱束にせり
鎌田光恵
半袖の外人多し神の留守
原田達夫
黄葉の街の谷間の孔子廟
松林依子
物語読みとくやうに林檎むく
山内洋光
ギター低く舗道に冱つる反戦歌
奥井あき
貼り紙の上にはりがみ十二月
笠井敦子
次男来たらし枯木に電気おこる音
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved