鴫

鴫誌(令和4年5月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

短縮の学びの窓よ日脚伸ぶ
山ア靖子
水草生ふ底に蠢めく濁りかな
荒井和昭
ピーナッツをつまみつぶやく「ふくはうち」
田村園子
冬尽くや川辺に雨の気配満つ
田令子
一投は土砂降りのごと福の豆
相良牧人
田の轍歯嚙みするごと凍りけり
荒木 甫
春光を纏ひて男無口かな
石田きよし
露天湯の髪に消えゆく春の雪
成田美代
鉢植ゑの愛着いくつ風邪心地
山口ひろよ
ラッパ飲み寒明けの空こはれさう
中山皓雪
二月や罅割れてゐる仁王像
箕輪カオル
夕づつのひときは赤き寒の明け
平野みち代
蠟梅や開封すれば文より香
甕 秀麿
大山に舞ひ上りゆくどんどの火
宇都宮敦子
凍つる夜の胸底へ聴くペギー・リー
坂場章子
黄泉の口覗いてみたし虎落笛
和田紀夫
風紋を千鳥のよぎる早さかな
鎌田光恵
急停車せり貨物列車の屋根の雪
原田達夫
目標は小さく達成梅一輪
松林依子
茎立となりてそよぎを新たにす
山内洋光
鬼一匹身ぬちに隠す節分会
奥井あき
聞く耳を持たうと年の豆を嚙む
数長藤代
トラウマとなりたる痛み葱を剝く
笠井敦子
古生姜煮出してをりぬ納税期
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved