鴫

鴫誌(令和4年1月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

一杯のみそ汁に覇気をみなへし
山ア靖子
山峡の畑の黄緑小鳥来る
荒井和昭
人肌に冷ますカフェオレ秋うらら
田村園子
竜胆や山の気配のそのままに
田令子
秋うらら猫の上 (ぽん) 歩きかな
相良牧人
疫の世を生き余したる穴まどひ
荒木 甫
夜もすがら縁に顔出すけふの月
石田きよし
恋文のやうに小啄木鳥のつつく音
成田美代
野良一面火群盛りや唐辛子
山口ひろよ
案山子翁身にまとひしは大漁旗
中山皓雪
山城の縁をしのぶ鳥兜
箕輪カオル
影踏みのかげの跳ねたる月明り
平野みち代
分断の履歴が世界史稲光
甕 秀麿
破蓮の片側青し杜国墓所
宇都宮敦子
チンと鳴り銀杏弾く音終る
山本無蓋
栗鼠忘れしか団栗のひとつきり
坂場章子
籠り慣れして台風を遣り過す
和田紀夫
稲架組んで向きのととのふ穂のかをり
鎌田光恵
逢瀬とや汽笛ばおばお天の川
原田達夫
望外の文受く朝小鳥くる
松林依子
吹きつける雨と十月来たりけり
数長藤代
苦瓜を輪投げのやうに刃を入るる
笠井敦子
秋の雲みな東南へ譲り合ひ
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved