鴫

鴫誌(令和4年8月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

新緑の菩提寺に坐し深想ひ
山ア靖子
ポンパドールピンクの薔薇に朝日かな
荒井和昭
囀や能弁なりし夢のわれ
田村園子
新聞で作る小袋昭和の日
田令子
あの頃の西洋かぶれ花ミモザ
相良牧人
雉子走る天上天下畦一本
荒木 甫
朝の駅登山姿の昇降機
石田きよし
春は曙ゲルニカの馬嘶けり
成田美代
春眠の覚めて現世つまらなし
山口ひろよ
すくすくと老いて上座の花むしろ
中山皓雪
瀬の音に淡きいろ添ふ著莪の花
箕輪カオル
ただならぬ世となり蟇の後退り
平野みち代
若鮎の挑みてゐたり小さな堰
甕 秀麿
蘆芽の未だそよぎを知らぬ丈
宇都宮敦子
水底に色石のごと春落葉
坂場章子
菜の花の真ん中にゐて落着かず
和田紀夫
はればれと卯波にむかふ漁船かな
鎌田光恵
曼荼羅の隙間を埋めよ飛花落花
原田達夫
母の日のつとめて長き電話かな
松林依子
鯉のぼり非戦の願ひ腹に込め
山内洋光
翡翠の一閃は一閃の青
奥井あき
当番の鍵の紅紐若葉風
数長藤代
ささがきを水に降らすや花の昼
笠井敦子
古木の芽吹き塀中ほどに残されて
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved