鴫

鴫誌(令和5年3月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

いち早く朝日をとらへ初氷
山ア靖子
楢落葉転げる音に気付きけり
荒井和昭
友待つや落葉踏みゆく音高く
田村園子
柚子湯して晩酌少々ふやしけり
荒木 甫
大白鳥外連味なしに伸ばす首
石田きよし
冬麗の浜辺に拾ふ星の砂
成田美代
恬淡と月蝕の時冬の町
山口ひろよ
神の留守にぎはつてゐるクリニック
中山皓雪
逆光に色を極むる冬紅葉
箕輪カオル
十二月温みほどよき志野茶碗
平野みち代
夕照を逃がさじと映ゆ夕紅葉
甕 秀麿
大綿や墓地の要のポンプ井戸
宇都宮敦子
冬菜積み上げて媼の直売所
坂場章子
孤高なる枝に乾びる烏瓜
和田紀夫
枯葦のさざめき越しの沼光る
鎌田光恵
開戦日甲高き声耳にあり
原田達夫
ゆきちがふ約束の場所師走かな
松林依子
訳ありてふ林檎の訳を聞いてみる
山内洋光
四温かな水煙たぢろぐ太鼓フェス
奥井あき
全体重掛け箱潰す年用意
三木千代
黄落期速歩のもどるストレッチ
数長藤代
馬匹車の小さき窓や冬うらら
笠井敦子
どんな朝もすつきりと立つシクラメン
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved