鴫

鴫誌(令和5年2月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

湖の波紋たしかや冬に入る
山ア靖子
彩雲のあはあは消ゆる今朝の冬
荒井和昭
代筆の署名に力火恋し
田村園子
鵙日和歩めばゆるる遠筑波
荒木 甫
身を反らす走り高跳天高し
石田きよし
紅葉かつ散る木洩れ日に力得て
成田美代
虫時雨己の使命果たすべく
山口ひろよ
虫時雨家の数だけ灯の点り
中山皓雪
菊展の朝の濡れゐる陶の町
箕輪カオル
をさな名で呼ばるる夕べ返り花
平野みち代
盛り塩の形乱して夕時雨
甕 秀麿
音のなき機影見てをり大花野
宇都宮敦子
ひと息をつけりハロウィン過ぎの魔女
坂場章子
啄むに任せてゐたり実南天
和田紀夫
棚田火や六腑に浸むる秋太鼓
鎌田光恵
パスワード忘れ灯火親しむなど遠し
原田達夫
枯れすすき中州一島席巻す
松林依子
葉の蔭にどんと胡坐の南瓜かな
山内洋光
石蕗咲くや真砂女の小さき藍半纏
奥井あき
同居望むか天井の放屁虫
数長藤代
終活の暮し身につき鰤大根
笠井敦子
ときめきの大事を教師寒稽古
田部井幸枝



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved