鴫

鴫誌(令和4年1月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

児手柏
橋道子
秋雲のQRコードめく密度
秋湿る万葉園の陶の椅子
爽籟や 児手柏(このてかしわ) のみどりの掌
椎茸の七つを干して不義理せり
星飛ぶに優先順といふは無し
有明やまだ冗談を夢の兄
秋惜しむ石段に杖遊ばせて


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved