鴫

鴫誌(令和4年8月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

ビコーズ
橋道子
みつみつの森の支ふる夏の雲
夏霧や試されてゐるこころざし
読む途中あとがきを読む梅雨滂沱
大揺れのあれは何の樹梅雨夕焼
中庭の鉄のベンチと十薬と
because(ビコーズ) といふ語浮き出る昼寝覚
病む不思議癒ゆるふしぎや青山河


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved