鴫

鴫誌(令和5年2月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

はるか
橋道子
冬暖の風をよろこぶ鳥も樹も
冬耕のあとの律儀な土のいろ
実南天どの一粒も雨滴提げ
ソーセージ焼いて泣かする寒厨
箱二つつなげば電車毛糸帽
鬱屈を解く妙薬煤払ひ
風狂も無頼もはるか竈猫


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved