鴫

鴫誌(令和4年1月号)より

代表近詠 名誉代表近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

荒井和昭 選

コスモスのゆれぬ日もあり昼の月
川瀬康
客室に待たされ鰯雲の窓
川瀬康
法華寺のどの木ともなく冬めきぬ
山内洋光
黄昏の湯舟に届く虫しぐれ
宮ア根
灯火親し海峡を行く貨客船
藤沢秀永
ゆるき坂下り切つたり花芒
中下澄江
採血の上手きナースや秋桜
小宮智美
いつの間に杖持つ姉と萩の坂
三木千代
くづれ簗瀬音の記憶遠ざかる
奥井あき
養生の吊橋抱く蔦紅葉
江波戸ねね
自粛してひねもす眺む秋の空
中島芳郎



バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved