鴫

鴫誌(令和3年7月号)より

代表近詠 選者近詠 当月集より 寒麦集より 羽音抄

裸婦像
加藤峰子
園丁に草餅届く管理小屋
四囲霞こゑまづ聞こゆ朝の影
仁王像の臍に張りつく花ふぶき
地卵の赤き弾みや桜東風
裸婦像は百歳さくら桜かな
遊糸より荒男の手足出づるなり
坂の上の母校ふくらむ蔦若葉


バックナンバーへ

▲このページの先頭へ
旧字体等で表記できない文字は書き換えています
Copyright(c)2011, 鴫俳句会.All rights reserved